【使ってみた】抱っこ紐はエルゴのアダプトがおすすめ!推しはメッシュタイプ

スポンサーリンク



 

皆さんは抱っこ紐は使っていますか?

 

子育て中のママにとっては必需品ですよね!

 

私は、ベビーグッズで一番初めに買ったのが抱っこ紐でした。

 

出産を控えて、ドキドキ・ワクワク^^

 

そろそろ抱っこ紐を準備しようかなとリサーチ中のあなたにオススメしたいのが、エルゴのADAPT(アダプト)です。

 

どんなところがおススメなのか、さっそく見ていきましょう~!

 

この記事はこんな人にオススメ

  • 初めての抱っこ紐を探している人
  • とりあえず人気のエルゴで探している人
  • 一か月健診で使いたいから、新生児から使えるタイプを探している人
  • 抱っこ紐は装着が難しそうと思っている人
  • パパと一緒に使える抱っこ紐を探している人
  • 安い買い物ではないから失敗したくないと思っている人

 

スポンサーリンク

まずはこれがアダプトです

 

 

赤ちゃんを抱っこしているママを見ると、いろいろなデザインのエルゴの抱っこ紐をみかけますよね。

 

エルゴが人気なのがよく分かります。

 

 

アダプトシリーズの特徴

付属品なしで新生児から使用できる!

 

他のエルゴシリーズでは、新生児から首が座ってない状態で使用するとき、付属品(インファントインサート)が必要でした。

 

が、このアダプトはインサートなしで使用することができるんです!

 

インサートに赤ちゃんを収めて、抱っこ紐をつけるという作業、これ結構大変なんです(>_<)

 

私は一人目の出産で、赤ちゃんの扱いも慣れないうちに、この作業を変な汗をかきながら恐々してました。

 

慣れれば大丈夫なんですが、この作業がないのは新米ママにとってもうれしいです!

 

 

スポンサーリンク

細かい調整ができて、パパもママも快適

 

肩や腰ベルトを調整することで、ジャストサイズで装着することができます。

 

私と旦那さんは、身長約20cm差、体重約30kg差とだいぶ体格の違いはありますが、二人で使うことができますよ。

 

パパが使えると、パパと赤ちゃんだけの時間を過ごせてうれしそうにしてます(笑)

 

 

赤ちゃんも快適

 

パパやママが快適に使えるだけではなく、赤ちゃんにも快適な作りになっています。

 

 

お尻が下に沈んで、足を広げて膝を曲げた姿勢。

 

赤ちゃんにとって、このM字姿勢が自然で快適な姿勢だそうです。

 

赤ちゃんはまだ小さくて、足も大きく広げることができませんよね。

 

 

【シートアジェスター】
【フロントストラップ】

 

「シートアジャスター」と「フロントストラップ」を調整することで、自然なM字姿勢に保つことができます

 

 

【ヘッド&ネックサポート】

 

「ヘッド&ネックサポート」を調整すれば、首が座ってない赤ちゃんの首や、寝てしまってカクンカクンとなる首もしっかり支えてくれます

 

まだ、お話しできない赤ちゃんにとって快適さは大切ですよね!

 

スポンサーリンク

肩や腰への負担が少ない

 

私が以前使っていたタイプは肩と腰ベルトが薄くて、長時間使用するには肩と腰への負担が大きかったです。

 

特に肩がつらくて仕方がありませんでした。

 

【パット入りの肩ストラップ】
【パット入りの幅広ウエストベルト】

 

 

エルゴの抱っこ紐は「パット入りの肩ストラップ」と「パット入りの幅広ウエストベルト」が肩や背中、腰への負担を分散してくれます。

 

それに加えて、アダプトは肩パットをクロスにして使用することができるんです。

 

 

クロスすることで赤ちゃんを背中全体で支えている感じになって、とても楽に感じましたよ。

 

 

装着は慣れればとても簡単

 

初めは、正直どうやって装着すればいいんだと思いました。

 

調整部分も多いし。

 

装着するときには、旦那さんに手伝ってもらうこともありました。

 

 

でも一度調整してしまえば、装着するときにはカチャっととめるだけです。

 

赤ちゃんがぐずった時、忙しいママにとってさっと抱っこできるのはうれしいですよね!

 

少し慣れが必要ですが、慣れてしまえばこっちのもんです(笑)

 

スポンサーリンク

費用

 

アダプトシリーズの値段は23,760円(税込み)~です。

 

アダプト オリジナル
本体 23,760円~ 18,360円~
インサート 不要のため0円 4,104円
合計 23,760円~ 22,464円~

※税込み価格

オリジナルシリーズに、新生児から使用する場合はインサートを合わせると、合計22,464円~となります。

 

アダプトは約1,300円ほど高くなります。

 

ただそれ以上に、使いやすさ快適さインサートを付けるわずらわしさがないことを思えば、コスパはいいと思います。

 

 

赤ちゃんの体重が増えて肩や腰がつらくなって買いなおしたというのもよく聞く話です。

 

買いなおすことがあれば費用は倍になってしまいます。

 

アダプトはこれ1つで新生児から4才(3.2kg~20kg)まで使うことができます。

 

 

 

 

私の推しはメッシュタイプです!

 

メッシュと聞くと、「夏はいいけど、冬は寒そう」と思われるかもしれません。

 

もちろん夏は通気性が良くて快適に使えます。

 

でもメッシュは、冬こそおすすめなんです!

 

 

洗濯しても乾きやすい

 

赤ちゃんは汗かきで、ミルクを吐いたり、時にはおしっこやうんちが漏れたり。

 

とにかく汚して洗濯することが多いんです。

 

そんな時、メッシュ素材は洗濯しても乾きやすくて助かりました。

 

特に冬は洗濯物が乾きにくいですからね。

 

 

冬でも快適

 

赤ちゃんはとっても体温が高くて、抱っこして密着しているとホカホカでとても暖かいんです。

 

冬でも抱っこ紐の中で汗をかいています。

 

だからメッシュでも寒くないですよ。

 

それでも気になるときは、ケープを付けていました。

 

 

 

スポンサーリンク

【おまけ】あると便利でした

 

おすわりやハイハイ、少しずつ動けるようになると抱っこ紐から赤ちゃんを出すことがでてきます。

 

そんな時、抱っこ紐は腰につけたまま、歩いたりしゃがんだり。

 

これってけっこう抱っこ紐が邪魔!

 

外でしゃがんだ時なんて、うっかり踏んで汚してしまうことがありました。

 

そんなときは、抱っこ紐カバーが便利ですよ!

 

腰に抱っこ紐をつけたまま、まとめることができます。

 

抱っこ紐をかばんに収納するときも、コンパクトになりますよ~。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

いかかでしたか?

 

すみ

アダプトのおすすめポイント

  1. インサートなしで新生児から使える
  2. パパとママで一緒に使える
  3. 赤ちゃんの快適な姿勢で抱っこできる
  4. 肩、背中、腰で支えて負担軽減
  5. 装着は慣れてしまえば簡単
  6. コスパがいい
  7. メッシュタイプが推しです

 

私が抱っこ紐を探すときには、いろいろな人の口コミを参考にしました。

 

抱っこ紐を探しているあなたの参考になればうれしいです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です